SSブログ

「500mlの水」まとめ買いはどこが安い? [食費]

妻が長期入院中である。年内には退院する予定となっているが、そうだとしても3ヶ月近くになる。
空き部屋や病状の関係で個室から出られず、差額ベッド代は今日現在で100万円に迫る勢い。本来、病院側の都合(大部屋に空きがない、病状からして大部屋は無理と判断した等)で特別室に入った場合、差額ベッド代を支払う必要はないはずなのだが、実際にはそうなっていない。そうした場合の差額ベッド代を確定申告時に医療費として取り扱ってよいかどうかもグレーであり、やりきれない思いだ。

――というマンモス級の経済的問題のあとに、ミジンコ級の経済的問題である。水だ。
妻は、薬の関係でひどくのどが渇き、一日に500mlの水を8本ぐらい飲んでいるようだ。たかが水じゃないかと思われそうだが、1日8本となると、普段の食費感覚では無視できないボリュームになってくる。
病院の自販機や売店は良心的で、500ml(実際にはサービスで550mlだったり600mlだったりする)の水を100円で売っている。スーパー並みとはいかないが、市中の自販機よりは安いといえる。
しかしそれでも1本100円は高いので、毎日のお見舞い時、駅から病院までの間にあるドラッグストアで水を買っていくことにしていた。ノーブランドの水だが、500mlで68円とまずまずの安値。10本も買うと歩行がやや困難になるが、浮いたお金で夕食のおかずが1品まかなえると思えば我慢できる。
ところが、である。妻が「この(ノーブランドの)水は甘い」と言い出した。硬度が低いということなのだと思うが、ともかく、今後はサントリー「南アルプスの天然水」を指名買いせねばならないことになった。

500mlの水といえば、たいていの小売店で安く売っているものだと思っていたが、いざ、探してみると意外に苦戦することが分かった。
まずドラッグストアだが、職場近くの店は、都心の一等地であるせいかソフトドリンクの売り場はごく小さく、価格も98円と全く安くない。病院近くのドラッグストアは広々した「住宅地仕様」だが、水の品ぞろえは悪く、例のノーブランドのものしか置いていない。
スーパーマーケットでもいいが、職場近くでは望むべくもないし、駅から病院までの間には存在しない。自宅近くのスーパーには置いてあるが、意外と安くなく、88円というのがスーパー標準価格であるようだ。さて、どうするか。
そこで通販である。「安くて重いもの」は送料がかさむが、ケースでまとめ買いすれば送料分のロスを補えるかもしれない。

というわけでようやく本題。「サントリー天然水 550ml」は、ネット上でどこまで安く買えるか?

まずはamazon。調べてみると、amazon本体が売っているものは、送料込みでそこそこの安値。定期おトク便利用だと24本で1988円、1本あたり83円となる。ただ、家から職場経由で病院までえっちらおっちら運んでいっても、6本でようやく差額が100円になるというのはやや寂しい。配送料金込みの限界か。
そこで少し探し方を変えてみると、「24本×2ケース」という売り方のものも見つかる。こちらは48本で3648円(送料無料)。1本あたり76円で、amazonとの差は微々たるものではあるが、そもそも「100円では高い」というミクロなレベルの話であるから、6円下がるだけでもありがたい。


次に楽天を調べてみる。Amazonに慣れてしまうと探すのが実に面倒なのだが、めげずに探したら、いい店を見つけた。2ケース買えば送料無料で、1ケース(24本)あたり1824円。1本あたり76円…って、あれ? さっきamazonで見たのと同じ店だ。こちらは楽天のポイントが最低1%つくので、こちらのほうが若干だがおトク。


ということで早速2ケースを注文した。問題は、1日あたり6本ないし8本というボリュームの水をいかに楽に運搬するか。リュックサックでも背負って行こうかしら、などと思案しているところである。気分はプチ歩荷。


スポンサーリンク


総括・マック無料券2012秋 [食費]

しばらく前に意地になって集めていたのが、コカコーラ製品についてくる「マック無料券」。無料券つきの商品は10月上旬ごろだったかに尽き、枚数が確定したのだが、集めたシールは台所の片隅に貼ったままにしていて、ちゃんと集計していなかった。

今回、あらためて「戦果」を確認してみたら、以下のようになった。
  • コーヒー 22枚
  • コカコーラ 8枚
  • コカコーラ・ゼロ 8枚
  • ハンバーガー 4枚
  • ファンタグレープ 3枚
  • 爽健美茶 1枚


これを見ると、各商品の出現確率が均等とは思えない。コーヒーが多いのはちょっと恣意的(子供のイタズラでシールが剥がされ、買う前に「これはコーヒーだ」と分かるものを優先的に買ってきた)なのだが、それにしても今回はコーヒーの数が多かったと思う。マックのコスト的にはコーラよりコーヒーのほうが高いように思うのだが、寒い季節にコーラの無料券を配っても誘客効果が少ないという読みだろうか。何にせよ、コーヒー狙いの私にはありがたいシーズンだった。


スポンサーリンク


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。